PR

【アメリカ駐在員におすすめ】Charles Schwabの証券口座開設方法

記事内に広告が含まれています。

アメリカ駐在生活で少しずつドルの資産が貯まり投資を始めたいと思ったとき、一番最初にする必要があるのが証券口座の開設です。しかし、証券会社をどうやって選んでよいか悩んでいませんか?実は我が家でも同じ状況で、ブログなどで情報収集しても「本当におすすめなの?」と疑問ばかりでした。

我が家がやっと見つけ、そして実際に使っているのはCharles Schwabという証券会社でです。ここは帰国後に維持できるという大きなメリットがあるため、特に駐在員や帰国予定のある方におすすめです。駐在期間が終わり口座を閉じる場合、それまでに投資してきたものを全て売る必要があり、それまで配当金などをもらっていてもゼロに戻ってしまいます。しかし、帰国後も維持できる=長期投資ができることで一時的な暴落を避けて資産が増える確率が高まるのが大きなメリットとなります。

勝率の高い長期投資をするためにも、駐在員が投資を始めるなら日本で維持できる証券口座の開設がおすすめです。今回ご紹介するCharles Schwabは日本でも維持でき、さらに比較的大手で安心感のある証券会社です。

この記事では口座の開設方法を写真付きで丁寧に解説しているので、簡単に口座開設して投資を始めることができます。みなさんも、長期的に積み立てながら安定的に資産形成を目指していきましょう!

ドルが余っているなら投資した方が良い

日本でも報道されるくらいアメリカで物価上昇が大きいことは皆さんもご存じかと思いますし、実際に物価の高さを経験していると思います。では、その物価上昇=お金の減少となっていることはきちんと理解しているでしょうか?

物価が上がるということは、同じ金額で買えるものが少なくなるということです。これはつまりお金の価値が減ったというこで、毎年物価が上昇しているアメリカでは、お金の価値は下がり続けてしまいます。

これに対抗する手段の1つとして銀行の金利をもらうという手がありますが、残念ながら大手銀行では金利が低いことも多々あり、実際にはほとんど増えなかったりします。

では他の人、特にお金持ちはどうしているのかというと「投資」でお金を増やしています。アメリカの場合、株は年利約10%、債券だと約4~5%なので、物価上昇率の約3%よりも大きい利益を得られることがわかります。

どうやって投資を始める?

投資を始めるにあたって一番最初に必要なのは、証券口座の開設です。

証券口座とは
証券口座は投資信託や株式、債券といった投資商品を売買するために必要になる口座です。”銀行”に開設する”銀行口座”に対して、”証券会社”に開設する”証券口座”がイメージしやすいです。
基本的な使い方はシンプルな3ステップです。

  1. 現金を証券口座に入金(送金)する。
  2. 証券口座で投資商品を購入する
  3. 保有している資産を確認する。

つまり、証券口座は現金を含めた金融資産を売買・管理できる投資に必須なマルチツールとなります。

米国での証券口座開設に必要なものはSSN(Sosial Security Number)、顔写真付きID(免許証など)、E-mailアドレス、電話番号なので、銀行を開設するときと変わらないですね。

我が家のおススメ証券会社とその理由

駐在員や数年後に帰国予定のある方におすすめなのが、Charles Schwab(チャールズシュワブ)という証券会社です。この証券会社をおすすめする理由は2つです。

  1. 日本に戻っても口座を維持できる
  2. 資産規模が大きく安心

数年後に口座を閉じようとすると、それまでに投資してきたものを全て売る必要があり、配当金などの収入もゼロに戻ってしまいます。我が家は帰国後もアメリカ投資を継続していく予定です。そうすると帰国後に証券口座を維持できることが非常に重要なのですが、残念ながら多くの証券会社は日本居住者向けにサービスを提供しておらず、これでは口座を維持できないため候補から外れました。

日本居住者向けにサービスを提供している会社はCharles Schwabの他、Firstradeという証券会社もあります。しかし残念ながら資産規模が小さく、その点Charles Schwabのほうが安心感があると考えました。いくら25万ドルまで保証されるとはいえ、やはり証券会社が破綻したらめんどくさいことになるのは容易に想像できるので、破綻のリスクはできるだけ小さいほうが良いと思います。自分の大事な資産を預ける証券会社ということで我が家は事前に入念な調査をしてから選んだので、知人にも間違いなくCharles Schwabをおすすめします。※ただし、この口座は日本に帰ってからだと開設できないので注意!

証券口座開設の手順

用意するもの

SSN(Sosial Security Number)、顔写真付きID(免許証など)、E-mailアドレス、電話番号

Web申し込み

Webからの申し込み方法を写真付きで解説していきます。

まとめ

今回の記事では、アメリカ駐在員におすすめなCharles Schwabの証券口座開設方法を説明してきました。

手元にドルが余っているなら投資して増やすという手段があるのですが、その時重要なのは証券会社選びです。特に駐在員や帰国予定のある方は帰国後も維持できることが重要となります。我が家で使っているCharles Schwabという証券会社は帰国後維持できるだけでなく、比較的大手で安心感のある会社です。

この記事を参考に口座開設し、アメリカでの投資生活の第一歩を一緒に踏み出しましょう!

口座を開いて投資を始めた結果が気になる方はこちら!
我が家の運用結果や、どのような商品に投資しているのかをご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました